赤ら顔・毛細血管拡張

毛細血管は通常皮膚の表面には見えません。ところが何らかの原因により毛細血管が拡張し、皮膚表面に近い組織中に血液が滞り赤く見えることがあります。
血管拡張の原因は①血管周囲の神経によるもの②血管そのものの異常によるもの、があります。
神経が原因のものは、寒暖の差で赤くなる、緊張で顔が赤くなる、などがあります。これらは自律神経が過敏に反応することにより起こる現象であり、皮膚科的な治療は困難です。

原因・症状別治療

子供のころから赤みがあり、毛細血管がはっきりしていない
毛細血管がはっきりしない赤ら顔には、ジェネシスリフト・リフトアップレーザーが有効で、定期的に施術することで徐々に改善します。また、サリチル酸ピーリングやAPPSビタミンCのイオン導入を根気よく続ける治療法もあります。
最近小鼻の周りや頬に糸ミミズのような血管がでてきた
ロングパルスYAGレーザーを用いて血管を1本ずつ凝固させる治療が有効です。
体のあちこちに赤い点がある(老人性血管腫)
老人性血管腫です。ロングパルスYAGレーザーが効果的です。
下肢に青い血管が目立ってきた
ロングパルスYAGレーザーを用いて血管を1本ずつ凝固させる治療が有効です。

保険外治療

ロングパルスYAG

施術可能院:日比谷院蒲田院品川院

1064nmの波長をもつYAGレーザーを照射すると、血液中の赤血球にエネルギーが吸収されます。その熱は周囲の血管壁に伝わり、瞬時に毛細血管を焼き固めます。

効果
  • 赤ら顔の改善
  • 皮膚の表面に見える毛細血管の色素を薄くする
  • 下腿等の毛細血管拡張の改善
  • 老人性血管腫の改善
治療のポイント
所要時間 約10分~15分(※部位により異なる)
来院目安 <赤ら顔・毛細血管拡張>
2~3回かかることが多い。
一旦消えても再発する場合があります。その場合約2カ月に1回のペースで照射します。照射して2週間後に経過のご診察をおすすめしております。
<血管腫>
多くは一度の照射で効果がでます。但し、1回では完全に消えない場合やいったん消えても再発する場合があります。
痛み 輪ゴムで弾かれる程度
施術後の状態 <赤ら顔・毛細血管拡張>
赤味があります。まれに痛みがでて水疱ができることがあります。
痛みがある間は自宅で処方された軟膏を塗布してください。
<血管腫>
赤~紫に色が濃くなります。1カ月程度で色素が薄くなります。
メイク 施術直後から可能
禁忌・注意事項
  • 皮膚炎、妊娠している方
  • お肌が敏感になっているので、紫外線や強い刺激に注意して下さい。
※詳しくは医師にご確認下さい。

料金表